消費者金融ブラックWeb

任意整理と自己破産による解決

もしも消費者金融での返済滞納が続き、身動きが取れなくなってしまった場合は、任意整理(和解)や自己破産によって解決する方法があります。
ここでは主に任意整理のメリットとデメリット、そしてポイントをまとめてみました。

あわせて読みたい

任意整理のメリット

裁判所などを介さず、直接消費者金融との交渉を行い、利息や月々の支払額を減額してもらうことが任意整理となるので、自己破産のように官報に掲載されることもなく、柔軟な処理を行うことも可能です。

また、過払い金請求も行うことができ、場合によってはお金が返ってくることもあります。
任意整理を行う際は、主に弁護士などに依頼します。

任意整理のデメリット

どんな状況下においても任意整理を行えるわけではありません。
収入内から3年間で借金を返済できるかどうかという辺りで、任意整理を行うことが可能か否かの一つの基準になってくるようです。

また、サラ金業者(債権者)が和解に応じてくれず、任意整理が難しい場合もあります。
この辺りは弁護士等に相談する上で考慮すべきでしょう。

また、任意整理を行うとサラ金業界のブラックリストに載ってしまう為、今後の融資が困難になってしまう点も大きなデメリットの一つですが、結果的にはすっきりして良かったと思う人が多いようです。

Main Menu