消費者金融ブラックWeb

自転車操業状態の借金脱出法

よく、借りたお金を返済に回す自転車操業状態のことを「サラ金地獄」や「借金地獄」などと言いますが、これは一時的な延命措置に過ぎず、いずれ利息分を払うことも困難になり破産への道へ繋がっていきます。これはリボルビング払いに関しても同様のことが言えます。

しかし、自転車操業の状態で消費者金融を利用している人は意外にも多いようです。
ここでは最悪の事態に陥らない為の、借金地獄脱出に関する2chの情報を掲載しています。

悪循環から抜け出した人々の事例

『私も自転車こぐのやめました。過払いがあるのですが、それを返してもらうより月々の支払いに頭を抱えてた事から抜け出せた事に安堵してます。
信用情報機関も多少は気になったけどカードと借金はもうこりごり(+_+)と思い今弁通して、手続き中。改心して生きていきます。』

『借金が年収の1/3超えてる人は、先送りなんてしたらかえって状況は悪化するだけ。即整理や再生に取りかからないとろくな事無いぞ。』

『自転車何年も漕いでたけど、引き上げて民事再生したよ。
毎月の返済日前に、あれほど苦しんでた日々が嘘のよう。
もう借金は出来ないけど、決済はネットバンキングとVISAデビットでほとんどまかなえる。』

債務整理を考えて無料法律相談に行った
クレジットカードだけだがカード15枚、総額S650万円、C150万円の合計800万円。
数人に相談したが破産を進められた。任意整理は難しいって言われた。
が、自分名義の保険を思い出し、足しに出来たらと全件解約したら、何と!450万円あった。
嘘みたいだけどホントの話し。後の残りはどう債務整理するか返金するか考え中です。』

『自転車漕ぎも行くとこまで行って、後は闇金か樹海しかないってとこでようやく法律相談して借金チャラどころか相手から金まで返って来ちゃった訳だが、あの頃なんでそこまでカードを持つことに固執してたのかが、自分でも理解出来んのだよな...』

『おれも総量制がきっかけで任意整理した。
結局、チャラになってなんぼか帰ってきた。人生なんとかなる。』

『自転車こいでも借金が増えるだけ。総量規制でいつか必ず回らなくなる。
そう思って手続きに行ったよ...。早めに相談に行った方がいい。』

『自転車漕いでる人の大半は、多重債務の状態
何らかの理由でこれ以上漕げなくなり、破綻する可能性が十分にある
早期に債務整理した方が、信用情報の回復も早く、過払い金の返還なども期待できる
7年~10年程度はクレカは使えないが、決済に使うだけなら、VISAデビットでもほぼ不自由はない。借金も出来なくなるが、「借金しない体質」へ変化できるチャンスとも捉えられる。』

『今日任意整理お願いしてきました。
気持ちが楽になりました。持っていたクレジットカードはハサミで切り込みました。
これからは返済しながら頂けるお給料の中で生活していきます。』

『持っていかれる財産無ければ、整理よりも破産した方が楽。
給料の差し押さえもないし、整理で支払う分が、丸々貯金できる。
整理しても、どこからも借りれないし。』

『自分の場合は親に泣き付き一括精算、過払い請求で返還金get
→親に返済。それでもまだ手元に金が残った。
情けない方法だけど結果的には良かったと思ってる。』

最終的に身動きが取れなくなってしまったら、任意整理か自己破産しかしかありません。
すぐに弁護士事務所への相談を依頼することをお勧めします。

自転車操業の先に待っているものは何か、予想が付く人がほとんどだと思います。
重要なのは一刻も早くアクションを起こすことでしょう。

Main Menu