消費者金融ブラックWeb

過払い金請求とは

本来、利息制限法によって年間利率は20%までと定められていますが、これ以上の利息を取っても年間29.2%の利率を越えなければ刑事罰には問われず、無効となるだけであるとされています。

この、20%~29.2%の間をグレーゾーン金利と言い、制限利息を越えて借金の返済をしていた場合に、払いすぎの状態になる為、過払い金請求訴訟を行うことによって、消費者金融から利息分を取り戻すことができます。

銀行系のサラ金など、以前から利率を制限していた業者からは過払い金を取り返すことはできませんが、長期間に渡ってグレーゾーンの高金利状態で、融資と返済を行っていた場合、過払いとなっている可能性が高いです。

過払い請求するとブラックリストに載る?

消費者金融業界では、俗にいうブラックリストが存在し、これに載ってしまうと他社の審査も通らなくなってしまうと言った問題が起こります。
それでは、過払い金の請求を行うとブラックになってしまうのでしょうか?

真偽の程はわかりませんが、ネットでは返済の途中で過払い請求をすると、金融系のブラックリストに載る可能性が高いと言われています。
しかし、一旦借金を完済してからの請求であれば、問題ないとのこと。

最近では、個人での請求も受け付けてくれる場合があるようですが、悪質なサラ金の場合、個人は門前払いとなるケースもあるようですので、心配であれば弁護士や書士の方に依頼するのも方法だと思います。

手順

以下、過払い請求の簡単な手順を引用して掲載しておきます。

①引き直し計算をする(エクセルがあれば不慣れでも一時間程度で可能)

②請求書を作成する(ネットで探すとテンプレートがあります)

③請求書(引き直し計算書を同封してもいい)を郵送する。
普通の会社はその2、,3日後に和解案用意して向こうから電話してくる。
アコムは「担当部署に引き継ぎするからその後フリーダイヤルにかけて交渉してくれ」
みたいな面倒なこと言ってくるが、基本的には同じ流れ。
和解案が気に入らなければ提訴すればいい。

Main Menu