消費者金融ブラックWeb

ネオラインキャピタル 過払いと債権譲渡

ネオラインキャピタルライブドアクレジットから、かざかファイナンスとなり、その後三和ファイナンスの子会社化を経てネオラインキャピタルとして社名変更されたキャッシング、不動産担保ローンの中堅です。
利息金利や最大融資可能額と言ったスペックは比較的低水準であり、ネオラインキャピタルの口コミを見ても債権譲渡があったなど、あまり評判は良くないようです。
また「萌えローン」という一風変わった消費者金融を展開しているのも、ネオラインキャピタルです。

キャッシング金利と詳細データ

連帯保証人 - 不要

契約対象者 - 20歳以上71歳未満で定期的な収入がある人(パート・アルバイト可能)

融資可能金額 - 1万円~100万円

実質年率 - 15.0%~29.2%

利用者の口コミ情報-良い評判

「ラブホテルの親会社でしょ?倒産した不動産会社とかいっぱい買ってる。金あるね。」

利用者の口コミ情報-悪い評判

「元ライブドアの系列でしょ 買ってる会社を見ても不思議すぎて何が目的か分からんw」

「本日、プロミスからネオラインに債権譲渡したと手紙が来ました。 なんで・・・」

「電話の対応一つでも、あぁ他のほうがマシだと強く実感する」

「ここは闇金予備軍だから取立ても厳しいし違法スレスレ商法もやってる
係わりあうのは止めた方が吉」

「相変わらず、客の回答には無視して自分の意見だけ言っておしまい。
いろんな会社と、話しをしたけど、ここが今までで、一番サイテー。」

他社との比較とネオラインキャピタルの評価

ブラック度 - 5

Main Menu